最近海外セレブの間で流行っている「コンブチャ」をご存知ですか?
もちろん日本の「昆布茶」とは違いますよ。
「紅茶キノコ」というとわかる人もいるのではないでしょうか。

 

コンブチャとは

コンブチャはロシアで伝統的に飲まれている発酵飲料です。
紅茶、または緑茶中に砂糖を加えて、ゲル状の菌を加えて1〜2週間発酵させたものです。

 

アミノ酸やポリフェノール、乳酸菌や酵素が含まれています。
便秘解消やデトックスの効果があります。
他にも食欲のコントロールもでき、ダイエットにも効果があります。

 

味は果実酢のソーダ割りのようで、酸味が強いですがあっさりしています。
コンブチャ

 

日本では「紅茶キノコ」という名で昭和40年代末〜50年代初頭に流行りました。
この時も健康ブームだったので多くの家庭で育てられたと言われています。
もしかしたら、小さいころに見たことがある人もいるかもしれませんね。(自分はありませんが…)
見た目がマッシュルームに似ている点から紅茶キノコと言われたようです。

 

なぜ、今ブームなのか

やはり、火付け役は海外セレブです。
セレブ

 

海外ではコンブチャという名前で紹介されています。
発酵飲料ということで体に良い点から愛用されています。

 

最近の「菌活」ブームを手伝っているのかもしれませんね。
アメリカではコンブチャの専門店があるくらいです。

 

日本では最近までなかなか手に入らなかったですが、海外でのブームを受けて日本でも取り扱うようになりました。

 

自分でも作れるのか

そんなに体に良いのなら自分でも作ってみたいですよね。
「紅茶キノコ」の時は家庭でも育てていたので、栽培は可能です。

 

ですが、株がなかなか手に入らないので、やはり紅茶キノコ教室などから株分けしてもらうようになります。
時間が掛かって大変という人には向いていませんが、一度試してみたいですね。
菌株

 

原液も売っています

手軽に続けたい人には、コンブチャの原液を買うことをおすすめします。

 

酵素ドリンクと同じように、30mLくらいの原液を水やソーダ水など、好きなもので割って飲めます。
もちろん、置き換えダイエットに使うこともできますよ。

 

酵素ドリンクと違い、フルーツやヨーグルト、パンケーキと合わせたスイーツレシピや、パスタソースやサラダのドレッシングに使うレシピなどもあり、飲み方も様々。
パンケーキ

 

コンブチャを買う時に気をつけるのが、未殺菌であること。
コンブチャを発酵させるための菌を殺していない方が、生きた菌を身体に取り入れることができます。
反面、保存中に菌が発酵してしまうことも考えられるので、冷蔵保存し、はやめに飲みきるようにしましょう。

 

KOMBUCHA(コンブチャ)