酵素ドリンクは、健康的なダイエット法の1つとして有名ですが、実は酵素は、ダイエット以外にも様々な現場で研究・応用されています。
その1つとして、高齢者向けの介護食に酵素は、利用されています。

 

介護食として応用

食品を酵素処理することによって、食べ物が驚く程、柔らかくなります。
酵素が、食物繊維を分解し、柔らかくしています。

 

固いものが食べれない、飲み込む力が衰えが年配の方は、従来はすりつぶした食事が中心でした。
そんな中、酵素で食べ物を柔らかくすることにより、そういう方でも食べれるようになりました。
見た目は、そのままで固いレンコンなども、溶けるようになくなります。
また、消化吸収しやすくなるというメリットもあり、一石二鳥です。

 

 

課題はコスト

課題はコストダウンがしにくい点です。
製造工程にひと手間かかるため、どうしてもコストはかかります。

 

酵素ドリンクも1本4千円近くするため、高いと思う方も多いのではと思います。
その分、体に良い成分がギッシリ詰まっています。
酵素ドリンクは味のバランスが非常に難しく研究開発には、膨大な時間とコストがかかるとの事です。
お嬢様酵素は、数ある酵素ドリンクの中でも1番美味しいので、企業努力には頭が下がります。